ハンセン病草津ツアー感想

「みなさん、草津ツアーお疲れ様です。突撃幹事のなるです。いろいろ至らないところもありましたが、みなさんが無事に行って帰ってこれて安心です。感想文の提出もありがとうございます。」
「みく車の運転は危なかったね(汗)」
「なる車は車が危なかったね(汗)ekワゴン、よくふんばった。」
「はい、それでは簡単に草津ツアーを振り返りたいと思います。準備はいいですか?面倒臭がって、感想部分だけとか読んじゃだめですよ。」


テーマ①「ハンセン病について一番印象に残ったこと」

患者さんを懲らしめるために不妊処置をされたことを知り、とてもかなしかった。欧米に比べ考え方が非科学的。医師はハンセン病の知識を持っていたにもかかわらず差別の力に加担していたこと、患者を重監房に閉じ込めたのは医者であったことがショック。ハンセン病関係者(患者以外)の行動が信じられない。人を守るための法律が人を苦しめていた。間違ったことでも自分で真実を見極める耳を持たないと、差別・偏見に惑わされてしまう。らい病は国の恥だという多くの人の考え方。「こだまさんの手。よく動く、働き者の手。あかぎれがあって、丸まってて、指が短くなってる」。療養所内は、教育もない人権もないある意味無法地帯。

「みなさん、こだまさんの話を聞いていろいろ思うところがありますね」
「今の自分の生活からはとても想像できないような内容だらけでしたけど、目の前にはそれを体験した方がいるわけで、はぁ…まだまだ知らないことだらけです。」
「でも、大切なのは、それを知って覚えておくこと、自分の中でそれをどういう風に受け止めるかだね。」
「ヨーグルトとおなじだね(笑)。」
「………。
こだまさんの手を見てた人がいるけど、その人なりに『こだまさん』を見つめてたんだと思う。人が『その人』をみるってそういうことなんじゃないかな。」
「人を見るときはまず手を見ろと?手・・・フェチ?」
「・・・・・・
 その人らしさって、その人のいい部分・よくない部分すべてひっくるめたものからできているんだと思う。だから、空気を読まないボケも、お前らしさだよ。」
「へーー。」
 

テーマ②「これは忘れたくないなって思ったこと」

国の意見に反対したり、法律の改正のために努力している人達がいる。治療薬ができてから隔離が終わるまでの時間が長かった。重監房が医師達の決定によってつくられたことは医療者にとって恥じるべきこと、そこで行われていた非人道的で人権を無視した行為は忘れてはいけない。沢山の人が苦しんだ事実を忘れずに、もう2度とこのようなことが起きないようにしたい。「患者地帯は不潔地帯」。自分のする一挙一動が与える影響の大きさ。どんな患者でも人間であり、平等でなければいけない。

「そして、過去は過去であり、今を生きるぼくたちはそこから学ばなければいけない。それはもちろん、過去を繰り返さないためでもあるし、過去を越えるためでもある。」
「どこのゲームからひっぱってきたんだか…」

テーマ③「人権、平和、社会などについて、思うこと」

人権を守り、格差社会をなくし、皆平等になるようにすることが平和につながり、いのちの輝かせることができる。私たちは人権や平和を当たり前に存在するものと思いがちだけど、今でも人権侵害や戦争で苦しんでいる人達は沢山いるので、まずは知ることが大切。法律は一部の人々にとっての“正しさ”だから、それがあるからといって平和になれるわけではないと思う。もっと沢山の人に人権、平和、社会の問題を考えてもらえるように、伝え方を考えていきたい。戦争が歴史の中で何を意味するのか。国や制度、自分たちの医療のあり方疑問の目を向け、常に良い未来を目指していけたら良いと思う。

「世界は広いし、住んでいる人も多様、平和の形も多様。だから、ここに書かれていることは、全部正しい。一人ひとりの中で生まれた気持ちは、その人のもの。それはだれにも否定はできない。だから、いろんな人と交流してそれを少しずつ磨いていくことが大切だし、求められる。それができる場が、医ゼミじゃないんかな。」
「本番をたのしみにしてるよ。」

テーマ④「フリートーク」

療養所の社会化を実際に考えるとなると、場所の問題など難しい問題が沢山あるなと思う。ことわざにもハンセン病を暗示するものは多く、このようなものがハンセン病差別の根深さを感じさせる。実際に闘病者さんの話を聞き、より一層患者さんの役に立てる看護師になりたい。

「草津ツアー、なんだかんだで充実していたね。」
「君には、学んだことをこれからどう活かせるかしっかり考えてほしい。」
「ボクは、人の人権を守り抜くことができる医療者になるよ。国に、社会に、上司に、ただ従うんじゃなく、自分で見てきたこと、学んできたことを大切にしていきたい。」
「そして最後に・・・・・・なにか考えるとき自由ほど難しく、心落ち着かないものはないでしょ。そんな自由なところに何か書けるものを見つけられることはすごいよ。」
「うん。いい看護師になれるよ♪」

―おわり―

  • 最終更新:2008-08-06 18:36:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード